Labyrinthos

あおぞら

こないだの記事で「次に読みたいのは…」と書いたのですが、その前にもう一冊あったのだった。「東京バンドワゴン」シリーズの番外篇というべきか。

好きな作家の本を手にとって「あ、これ未読だった」と気づくとき、からだにあふれる喜び!

詳しく書けないのが(「ネタバレ忌避」という意味と「能力」という意味と両方ね……「ね」じゃなくて!n)残念なのだけれど、ほんとに泣くよ、こいつぁ。読んでみなよ…って、エデッケになるのも、この本の影響w。

この「東京バンドワゴン」シリーズに限らず、小路さんの物語を読んでいて感じるのは、登場人物たちのお互いを見る「目」の確かさ・あたたかさ・静けさ。
そして興味が尽きないのは、行を追うごとにだんだん明かされていく登場人物それぞれの過去の思い・行動と、それからつながってきた(文中の)現在の彼ら彼女らの言葉や姿。「これからどうなるんだろう」。「手に汗握る」より強くて、言い古されていない言葉、ないですか?

comments (0)trackbacks (0)

Comments

Trackbacks

Archives
Other
Profile