Labyrinthos

やじキタ

最近の青年の趣味、変ってきた。ウチの上の子、高3の年ですが、前の首相(アニメのひと)と今の首相(当時野党代表)との党首討論を、ある動画サイトで最初から最後まで見通したという。友達とその話題で盛り上がったのだろうか。

その話を息子から聞いたときにしみじみ親子で共感したのは、野次の喧しいこと。

「あれ、メインの議論がほとんど聞こえへんやん」

どうして必要なんだろうか?
無くせない理由、私にわからないだけで、きっとあるんだと思う。
どなたか教えてくれませんか?

そこで、思いついた。「ある動画サイト」方式を採用しよう。

以下、近い将来議員の先生方へ配布される文章より。

演説される先生、討論される先生方、委員長・議長の先生方は、厚いガラスで仕切られたブースに入っていただきます。その他の委員・議員の先生には、そのブースのガラス自体がディスプレイになっておりますし、天井近くにも巨大なディスプレイをご用意いたしますので、お手元のキーボードもしくはお持ちの携帯電話などから、演説・議論・討論の内容に即した 野次 コメントのご入力をお願い致します。そうされますと、リアルタイムでディスプレイに表示され、同時に全国民に実況放送されますので、国民の政治への関心はいや増して高いものとなること間違いございません。(なお、ブース内の先生方におかれましては、仕切りのガラス窓のディスプレイは中からは 野次 コメントが見えない仕様になっておりますし、お手元の画面でも、「コメントを表示しない」をクリックしていただきますと 野次 コメントが非表示となり、 野次 コメントに気を取られることなく、ご演説ご議論をお続けいただけます。)
ただ、申し訳ありませんが録画されたものにゆっくり時間をかけて 野次 コメントをお書きいただくことができません。できるだけすばやいタイピングをお願いしなければならないのが心苦しいのですが、どうぞよろしくお願い致します。なお、議場・委員会室は法令により「禁声区域」と定められておりますので、音声入力ソフトのご使用もしくは「実声」によります 野次 コメントのご発声はくれぐれもお控え下さいますようお願いいたします。若し法令に違反された場合、罰金・禁固刑など各種取り揃えてご用意させていただいております。

「わしゃパソコンなんぞ使わんぞ書類も毛筆じゃ」の方、もしくは人差し指のみ入力の先生方、今日からタイピングの練習をお始め下さい。もしくはお孫さん方がケータイメールの早打ち技をきっとご伝授下さることでしょう。お年玉はずまなきゃ。

comments (0)trackbacks (0)

Comments

Trackbacks

Archives
Other
Profile