Labyrinthos

2014年

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

2014年元旦(本当は4日ですが)


年に一度更新するかしないか、そんな程度ながら
一応置いたままにしてあるこのブログですが
たぶん今年もそんなふうかな。

小さいことはTwitterに書く場合が多いし、Facebookは結構書いているので…。

でももしかしたらここにしか書けないことが出てくるかもしれない。そしたら。


皆様にとって良い一年でありますように。

comments (0)-

2012年全日本吹奏楽コンクール課題曲5「香り立つ刹那」コントラバスのハーモニックスについて

バンドジャーナル誌6月号「課題曲パート別演奏のポイント」の中で、ハーモニックスは3ヶ所すべて実音で記譜されている意味の文章を書きましたが、これについては私の誤解がありました。作曲者の長生淳さんに確認しましたところ、注記されていない2ヶ所は実音指定ではありません

今回は私の確認不足から、皆さんに正しい情報をお伝えできませんでした。申し訳ありません。お詫びして訂正いたします。

また、長生淳さんからも「紛らわしい譜面でご迷惑をおかけしましたこと、大変申し訳なく思っております」と、丁寧なコメントをいただきました。



3ヶ所あるハーモニックス音について、正しくは以下のとおりです。

・3小節は作曲者が注記されているように、実音で。
  →E線第1ポジションの4の指の場所(E線の5分割)。

・95小節と96小節は、通常コントラバスで演奏する音域(実音ではなくそれより1オクターヴ下)。

 95小節→A線第3ポジションの4の指の場所(A線の長さの3分割)。
     もしくはE線第3ポジションの1の指の場所(E線の長さの4分割)。
 96小節→E線開放弦の1オクターヴ上の場所(E線の長さのちょうど真ん中の場所)。


※バンドジャーナル誌では9月10日発売の10月号で訂正記事を掲載される、とのことです。

-trackbacks (0)

近況、でもなく

凸凹


先月、雪の富山県で。
つい手形をつけて何気なく撮ったら、こんな写真が。
意図しない、陰陽表裏凸凹。





…と、いうようなことを書き続けるために、ここを残すのか
残すために、書いているのか
すでに全く定かではありませんが

検索で来られる方も少なからずおられるようですし

ときどきは、という可能性ともども、残しておくことに決めました。今日は。

--

風車じゃなくて

20120109bows_s.jpg



左上から右回りに、Cb用(独)→ガンバ用(日)→Cb用(仏)→ガンバ用(日)。

-trackbacks (0)

2012元旦

近所を散歩してきました。
天気予報よりもずっと陽がさしていて暖かかったよ。

20120101sampo.jpg



夕方、部屋の窓から。

20120101夕陽.jpg



2012年もどうぞよろしくお願いいたします。

-trackbacks (0)

Archives
Other
Profile